頼む税理士によって何が違うのか?

一般的に、税理士の主な業務は法人や個人事業者の税務・記帳などであり、相続税は特殊な業務にあたります。

ですから、法人の決算や個人の確定申告をあまりやったことがないという税理士はほとんどいませんが、相続税についてはほとんどやったことがない、あるいは全くやったことがない税理士もある程度いるかと思います。

一方で、相続税を専門としていたり、相続税にかなりのウエートを置いている税理士もいるため、相続税の経験・知識・ノウハウは税理士によってかなり差があるかと思います。

具体的には、経験・知識・ノウハウの有無によって次のような違いがでてきます。

@相続税の額に差が出る

税金の額は誰が計算しても同じだと思っている方も多いかと思います。
しかし、例えば土地などは、様々な評価減の方法があり、知識や経験が多いほど、評価を安くできる可能性は高くなります。
相続財産に土地が多く含まれているケースでは、計算する人によって、数百万・数千万と税金の額に差が出ることもあり得ます。

A手続きのスピード

相続税に慣れている税理士であれば、手続きもスムーズに進みます。
期限ギリギリに税額を提示されるようでは、財産の分割も決められないし、納付の準備もできず困ってしまいますので手続きのスピードは重要です。

B様々なアドバイスの有無

相続税の得意な税理士であれば、税金が有利になる財産の分け方や、次の相続も視野に入れた財産の分け方など遺産分割についての相談にも乗ってもらえますし、現金で相続税を払うことが難しい場合には延納・物納の利用や土地売却のアドバイスなど納税に関する相談にも乗ってもらえます。他にも色々と相談できると思います。