@空き地に賃貸アパート・マンションを建てる


建物の評価(評価とは相続税を計算する際に使う金額です)は、建築費に比べてかなり安くなります。更に賃貸することで、借家権という権利を控除することができるため、多くの場合、建物の評価は建築費の半分以下となります。

(例)所有財産2億円・子供2人の人が1億円のアパートを建てた場合
  (固定資産税評価額は建築費の70%と仮定)

アパートを建てなかった場合の相続税→2,500万円
アパートを建てた場合の相続税    →1,180万円

となり、1,320万円相続税が安くなります。(実際には敷地の評価減もありますので、節税額はそれ以上となります。)

なお、建物を自己資金で建てても、借入金で建てても節税効果は同じです。