A養子縁組により法定相続人の数を増やす


相続税の計算は、相続人が多いほど安くなるようになっているため、孫などを養子にすると相続人の数が増え、相続税が安くなります。

(例)所有財産2億円・子供2人の場合の相続税→2,500万円
   孫などを養子にした場合の相続税     →1,800万円

となり、700万円相続税が安くなります。

なお、節税効果があるのは1人だけで、2人以上養子にしても効果は1人の場合と同じです。