相続税の計算の流れ

相続税の計算は大まかに以下のような流れになります。

@財産の評価

相続税は原則被相続人(死亡した人)のすべての財産が対象となります。

現金・預金以外にも、土地建物などの不動産・株・車なども申告の対象となるため、これらの財産についてお金に換算するといくらになるかという計算をしなければなりません。これを財産の評価といいます。
詳しくは財産の評価方法を参照ください。

A財産の総額を計算し基礎控除額を差し引く

各財産の評価ができたらそれらを集計し財産の総額を計算します。
相続開始前3年以内に贈与した財産も通常ここに加算します。
借入金などのマイナスの財産や葬式費用は差し引くことができます。

基礎控除額は(5000万円+1000万円×法定相続人の数)という算式で計算します。
この基礎控除額を財産の総額から差し引きます。

B相続税の総額の計算

Aの金額を各相続人が法定相続分で分けたものとして各相続人の相続分を計算します。
各相続人の相続分に税率を掛けたものを集計し相続税の総額を計算します。

C各相続人の相続税額の計算

Bの金額を実際の相続分の比率で按分し各相続人の相続税額を計算します。

D各種税額控除などを適用

Cの金額に配偶者の税額軽減、未成年者控除などを適用し最終的な相続税額を計算します。