相続税申告の業務の流れ

@相続税・申告手続きの概略の説明

まず最初に相続税の基本的な仕組みなどや手続きの流れについての説明をさせていただきます。
また、相続税申告で必要となる書類にはお客様に集めていただくものもいくつかありますので、必要書類一覧表をお渡しし、内容について説明させていただきます。

A資料の回収

お客様に集めていただいた資料を回収します。

通常はこの段階で報酬の半分を着手金として請求させていただきます。

B現地の確認・資料回収

遺産に土地がある場合には原則現地を確認させていただきます。

土地については、様々な評価減の規定があり、それらをフル活用することで相続税を大幅に減らすことができます。それら評価減については現地を確認しないと分からないこともたくさんあります。

C概算の相続税額の報告

相続税の計算がだいたいできましたら報告させていただきます。
現金で払えそうもなければ延納(分割払い)や物納(現金ではなく土地などで払う)を検討します。

また、遺産の分割の仕方によって相続税が変わる場合もありますので、どうやって分割したら有利か、などのアドバイスも必要に応じてさせていただきます。

D遺産分割協議

相続人間で遺産分割協議(誰が何を相続するかを決めること)をしていただきます。

※遺産分割協議書の作成・相続登記については司法書士の業務となりますが、提携司法書士がいますのでご希望であればこちらで対応いたします(別料金)。

E相続税申告書作成・提出

分割が確定したら相続税の申告書を作成し提出します。

F相続税の納付

相続税の納付書を作成してお渡ししますので、期限までに納めていただきます。

申告書の控えをお渡しし、報酬の残金(半分)を請求させていただきます。